鏡開きの百合根汁粉

e0156038_17212087.jpg


鏡開きの今日

固くなった餅を力を込めて切り(本来は包丁を用いてはいけないそうだが、とても無理)

雑煮や納豆で頂いた後の、汁粉は百合根でと決めている。

百合根は毎年、北海道の叔父が箱で送ってくれる、お正月の贅沢。

恩師のお一人、辰巳芳子さんのご著書に習って

塩水につけたあと、蒸かしてから、さまざまな料理に用いる。

片鱗を一枚一枚はがした時の、

可憐な姿からは想像できないアクがあるから

塩水でそれを抜き、また同時に下味をつける方法。

こうすると、優しい甘味が生かされて、そのままでも次から次と手がのびる。

汁粉にする案は、

百合根に同封されていたパンフレットにあった。

生産者に商品への愛があれば

おそらくは一番良い食べ方を紹介して下さるだろうと

出来るだけ目を通すようにしている。

そうしていて本当に良かった!

こんなにおしゃれなお汁粉、なかなかないよね~と、作る度感謝しつつ、悦に入る私。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村  Thank you for your click☆
by f_line21 | 2010-01-11 17:43 | キッチンから 


調理師  フードコーディネーター


by f_line21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31