はまなす花菓子のこと

e0156038_10473847.jpg


人形作家で写真家でもある、Tさんお手作りの「はまなす花菓子」を頂く時、人のえにしの不思議を思う。

青森県八戸駅から延びている、ローカル線の小さな駅舎で、Tさんの個展を知らせる古民家の写真に釘付けになってから

途切れたり、また繋がったり、今は年に一度、かつてTさんへのインタヴュー経験があって

二度目のご縁を下さったポッチーさんと三人で食事をする。

震災では、安全な地域にお暮らしだと信じていたが、わずか2キロ先まで被害があったという。

だから、今年の海辺の花摘みをどんな思いでされただろうかと胸があつくなった。

口に含むと、花の香りがいっぱいに広がる。しゃりしゃりと楽しい歯ざわりの後、はかなく消える。

作り手のTさんも、この菓子さながら、永遠のたおやめのような風貌であることが奇跡だなと思う。

最後に、添えられた手紙を。


     霧につつまれて咲いておりました。

     あの日を

     耐えしのんだその枝に

     しみ入るような色を咲かせて

     潮騒の中に在りました。

     思いを込めて

     ひとひらづつのかたちを辿りました。

     今年も

     花との出逢いを

     お伝え出来るしあわせを感じております。

     御笑味下さい。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村  Thank you for your click☆
by f_line21 | 2011-06-23 13:53 | その他


調理師  フードコーディネーター


by f_line21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31