田舎雑煮

e0156038_17351894.jpg


hanacoromoさんが、まるで近所で買った鯛焼きでも下さるように渡してくれたのは、国産の干しぜんまいでした。

母の実家の後を継いだ、宮城県の山好きの叔母が亡くなってからも、母は何とかつてを頼ってこのぜんまいを毎年用意しました。

他界して、私が台所を預かるようになりしばらく経った頃、贅沢品と諦めることとなりました。

田舎雑煮というのは、父の実家のある東京の雑煮に対しての家での呼び方だと思います。

材料も手間も、考え抜かれた北国の誇れる雑煮です。

しばらくぶりでしたので、残っている叔母に連絡し作り方を聞きましたが、記憶にあるものと微妙に違い

同じ家で育った姉妹でこれだけ違うのだから、各々の家にどれだけのレシピがあるのだろうと想いを馳せました。

大根、人参は千に切り茹で一度凍らせます。これは本来雪を利用した保存法だと聞きましたが、この行程により独特の歯触りが生まれます。

それから地元名産品の高野豆腐、芋がら、きのこは入れたり入れなかったりしました。

鶏も入ったような気がしますが、要らないように思い今回は省略。

だしはハゼを使いますが、私は馴染んだ鰹と昆布のだしで。土地の方からは邪道だと叱られるかも知れません。

そして、このぜんまいがとても良い香りを添えてくれます。

仕上げにはいくらの天盛り。なんと華やかな年の初めのお椀でしょうね。

・・・なーんて、明日はもう節分なのです!


ランキングに参加しています。Thank you for your click!




にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村
by f_line21 | 2013-02-02 17:53 | キッチンから 


調理師  フードコーディネーター


by f_line21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30