パリ日記 2013 最終日と帰国後のお茶会

e0156038_14461063.jpg


帰国日の夜明けの街。

夕方まで、サンジェルマン界隈を歩き、途中某サロン・ド・テでランチ。


旅の準備は「旅の図書館」から始まった。

本を物色し、地図をコピーした。

行きたい店に目星をつけて、沢山のブログも読ませて頂いた。

良い事ばかりのブログより、アンラッキーなことも書いてあるブログが信用できる気もして

今回は悪い事は書かない、という私のブログの掟を破って思ったままを書いた。

だって、食に並々ならぬ関心のある人にとっては、パリで食べる事は貴重な体験のはずだし

よほど恵まれた人でない限り、ちょくちょく行くわけにはいかないのだから、

このブログを読んで下さる方と良い経験を共有できたら嬉しいと思った。

いささか残念な出会いだったとしても、ブログにアップした店にはまた行けたら良いなと思っている。

例えばカフェ・マルリーは、ピラミッドに灯りがつく頃行ってみるのもいいし、パンが冷めていたのなら「温めて欲しい」と頼めば良かった。

東京のように、何も言わなくても至れり尽くせりの街を、少ない経験ではあるけれど私は他に知らない。

同じ街に居る旅は、その街に馴染んでいく楽しみがある。

次はもっとスマートに振舞えたらいいなと思う。

e0156038_1522140.jpg


今回は、個々にお土産を買うのをやめて、帰国後3日間、友人達に三々五々いらして頂いてお茶をいれた。

お互いの旅の経験を話しながらのティータイムはとても楽しかった。

初めてのパリ日記を読み返すと、私がパリに100点をつけたかった気持ちが痛いほど伝わってくる。

世界一美味しい街だと思いたかった。

今は少し冷静だけれど、それでもやっぱり魅力溢れる街には変わりない。

今回はほとんどレストランへ行けなかったし、短い滞在なのでエリアも限定してまわった。

そのせいか?帰ったばかりなのに思いを断ち切れず、相変わらずガイドブックを読んでいる。

Au revoir パリ!そしてきっとまた。


他に買ったもの

☆☆☆セバスチャンゴダールのパート・ドゥ・フリュイは私にとっては世界一。
ただし、離水が始まるので、店で食べるのが最高です。
☆☆パッキングをしっかりしてくれるというので、結局チーズはヒサダで。
ミモレットとブリア・サヴァランは万人向けで美味。
帰国日に保冷剤と保冷バッグを用意して寄れば問題なし。
☆☆アルベールメネスのオイルサーディン
箱も綺麗で日持ちする。ボン・マルシェでも買えます。
☆パン・ドゥ・シュークルのマカロン、天然色素使用。甘みおさえめであんこがたっぷり。
だけど、サクサク感や美しさはラデュレが勝る。
持ち帰れないが、ソルべも美味。
☆ベッジュマン&バートンの紅茶。
☆ポワラーヌのクッキー、改めて素朴が魅力と思う、かわいいお値段と形だし、モノプリでも買えるのでお勧め。
☆マイユのつめたてのマスタードはフレッシュ感あり。何となくありがたい(笑)


ランキングに参加しています。Thank you for your click!







e0156038_151863.jpg

by f_line21 | 2013-06-09 15:22 | 旅先から パリ2013


調理師  フードコーディネーター


by f_line21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31