パリ日記 最終日

6:00起床



          petit dejeune

        モノプリで買った、バナナとパインとココナツのスムージー

        冷蔵庫の残りを全部!

        梅干し。おいしー☆



短い旅だった。

そしてもちろん、食べ損ねたもの、行きたかった店もまだまだ沢山ある。けれど、充分満ち足りた思いだ。

午前中オルセー美術館へ行く予定だったが、もう力尽きてチェックアウトぎりぎりまでアパルトマンで過ごす。

荷物を預けて4:00に迎えが来るまでの間、最後の街歩き。

e0156038_023664.jpg


まずはなかなか買いに行けなかったジュリアンのバゲット。塩の加減、皮のパリパリ感、口に残る甘味

どれを取っても私好み。歩きながらだいぶ食べる。



          dejeuner

        鮮魚のカルパッチョ

      たっぷりの白髪葱としゃきしゃきの大根 ライムのコンフィ添え



        サーロインステーキのグリル

      おろしポン酢醤油ソース 精進揚げと共に

e0156038_0244813.jpg


レストランナミキ

いかにもフランス的な料理を作る日本人シェフ、というので選んだ店なのに

いかにも日本的な料理を選んでしまった。それも二人とも迷いもせずに同じもの・・・。

カルパッチョ(=鯛の刺身)、おろしポン酢の誘惑にはもう勝てない。フルーティーなポン酢の力で、ぞうりのようなステーキをたいらげた。

また添えられていた精進揚げは、朝市で買い損ねて悔やんだ細いインゲン。弟子入りしたいほど美味しかった。

パリで一番美しいパッサージュと言われる、ギャルリー・ヴィヴィエンヌをそぞろ歩く。

e0156038_026235.jpg


かわいらしいおもちゃやさんを発見。子供用のクックブックを買う。

e0156038_029516.jpg


先日下見したギャラリー・ラファイエットでお土産を選び展望台へ。真ん中の緑の屋根がオペラ座です。

e0156038_032177.jpg


残りの時間は、メトロの乗り換えを嫌って歩いた折に度々前を通っていた

ルーヴル・リヴォリ駅近くのスタイリッシュなチェーン店のカフェ、Cojeanでショコラショー。

e0156038_032559.jpg


サラダも買ったが、鶏肉の火入れも上手で美味しい。椅子が表に並べられたパリの典型的なカフェは素敵だが

スタバに慣れ親しんだ私は、こんな店の方が落ち着くのだから嫌になってしまう。



      シャルル・ド・ゴール空港発    20:00     NH206

      成田空港着             14:00



空港で添乗員さんに「またいらして下さい」と言われたとき、何だか泣きそうになった(笑)

食べ物に突進する私に嫌な顔ひとつせず最後まで付き合ってくれた

寛容な旅のパートナーのおかげで、こんなに楽しい日々を送れたと思っています。

Au revoir パリ!そしてきっとまたね♪



追記  帰国後、手荷物を引きずって近所のラーメン屋へ直行。

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村  ☆Could you click for me?☆
by f_line21 | 2008-04-30 00:20 | 旅先から パリ


調理師  フードコーディネーター


by f_line21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30