金平糖でお茶をどうぞ

e0156038_1082513.jpg


ここのところ、菓子クラスの試作で、じとーっと家にへばりついている。

昨日はラッピング担当のmanamiちゃんが、突然遊びに来てくれてお茶。

彼女はもうすぐ結婚するので、揃える家具のために

この近くに借りた新居の寸法を測りに来たらしい。

新居、と言っても彼女らしく、築40年の一軒家で

自慢は玄関が引き戸だということ^^

そこで、新しくオープンするカフェから依頼された器制作もするのだそうだ。

お茶菓子は、仏壇の羊羹と頂いたばかりのたぬき煎餅とそばの実の金平糖。

「不思議だね~」と言いつつつまむ。

Wikipediaによれば

「この特徴的な突起がなぜ、

またいくつ形成されるのかについてはまだ定説がないが

蔵本・シバンスキー式 によって定式化が試みられている。」

ということだけど、私は不思議なままでいいか・・・。

そして、「正式な金平糖の突起の数は24個である。」そうだけど

今日は数える元気はないぞょ(笑)

これは、京都のお蕎麦屋「花竹庵」のもので、ほんのりにっき味。

袋の後ろに手書き風の字で「木曜日と雪多き頃は休みます」とあるのもいい。

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村  ☆Could you click for me?☆
by f_line21 | 2009-03-31 10:34 | お土産・お取り寄せ


調理師  フードコーディネーター


by f_line21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31