<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ベーキング&ラッピングクラス 打ち合わせの日に

e0156038_20185891.jpg


私は多分、オーソドックスな料理や菓子を作るが

少し遊びがあると良いと思い

娘と言っても良いくらいの年頃のManamiちゃんに声をかけた。

カフェのオーナーでもある彼女から、毎月ラッピングのレクチャーを受け

ベーキングレッスンの後、私から生徒さんにお伝えする。

今日はコーヒーの話になって、特別に点て方を見せてもらった。

冷めかけたときに雑味が出ないように、ということまで考えているという。

点てている間の豆の様子も

しぐさも綺麗だったので、思わずシャッターを切った一枚。

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村  ☆Could you click for me?☆
by f_line21 | 2009-01-17 20:33 | キッチンから 

田園都市線の一日

e0156038_1338754.jpg


イタリア料理研究家、メイコ・イワモトさんのアシスタントをしている

ミュゲットさんに案内してもらった田園都市線の店。

まずは市ヶ尾駅、BUBBLE OVER

富士山の見える席でランチ。

普段あまり縁のないアメリカンダイナーで

近所の20代~30代の主婦らしき女性達で賑わっている店。

アボカドバーガーのランチセットをオーダー。

大きな容器のハインツのケチャップ&マスタードがぴゅーっと飛び出るので随分笑った。

たまにはこんな店も新鮮で楽しい。

e0156038_13423854.jpg


デザートは場所を移して、アン・プチ・パケのムースと

ずっと憧れていたSONJINのホットケーキ。

厚さが5~6cmはある。

e0156038_13483919.jpg


ご主人は、「お客様を驚かせたくて」このホットケーキの試作に励まれたのだという。

そんなホスピタリティーが隅々まで行き届いた店でゆっくり。

夕飯は桜新町の餃子荘紅蜥蜴

ミュゲットさんも入ったことはなくて、「怖いものみたさ」だと言う。

本当に怪しいよ~。

2階に通されると毛沢東の絵が沢山・・・これは???

私はトイレに行くのも怖くなってきた(笑)

ブロッコリーと帆立の塩炒め、タンタンメン、韮饅頭をシェア。

けれど、次々運ばれてくる料理はどれも見るからにおいしそうで、実際本当においしかった。

最近は店の外観で、味の憶測は出来ないとしみじみ思う。

皆、演出が上手くなった。デザイナーを雇う店も多いだろう。

ベッカライ・ブロートハイムに立ち寄る。

いかにもおいしそうなパン屋さん。

閉店間際で品数も少なかった。今度は日中にきっと来よう!

最後は古無門

中へ入ると、ここはリゾート地?という感じの快適な大空間が広がっている。

ライティングも綺麗で、高原の風が吹いてきそうだ。(実際はこの日も木枯らし)

その中の一棟、カフェ「雪の下」でカシスのマカロンとハーブティー。

メレンゲのねちっとした歯につくような触感の苦手な私にはおいしいマカロン。

クリーム率が高いから。

カシスの香りと酸味が生きていて、お手本にしたいようだ。

桜新町商店街のサザエさんのテーマに送られ家路につく。

帰宅して恐る恐る乗ったヘルスメーター。体重は-1.2キロ。

もちろん普段もっと食べている訳ではなくて(ホントよ・笑)

帰りのセンター北から用賀まで電車に乗った以外の移動をほとんど歩いたのだ。

エンターテインメント性もあり、本当に楽しい一日だったなぁ・・・と

にやにやして眠れない!

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村  ☆Could you click for me?☆
by f_line21 | 2009-01-16 15:01 | お土産・お取り寄せ

辰巳芳子さんスープの会 同窓会

e0156038_12205524.jpg


1月10日、ホテルメトロポリタンエドモンドにて。

「スープの会」は鎌倉のタケダ訪問介護クリニックへの

スープ提供がきっかけだったそうだ。

「いのちのスープ」の呼び名にふさわしい清らかな味に出会えたことを幸せに思っている。

同窓会には医療従事者も多く参加していらして、体験談を伺いながら

習いたての玄米のスープを母の病室に毎日運んだ日のことを思い出したりした。

嚥下が困難な人には、とろみのあるスープの方が良いことは後で知ったのだが

幸い母はむせることもなく、最後に口にしたのもこのスープだったのが

唯一の親孝行のような気がしている。

そうでなかった業種の多くがサービス業化していく今も

辰巳先生は毅然と教育者でいらっしゃるなぁ。

写真はまだまだつたない私のスープ。

キャロットスープにクミンの香りをつけている。(クミンが沢山残っているので)

これは先日映画「PARIS」を観た帰りに立ち寄ったVIRON

ブラッスリーのランチメニューにあったので真似をしてみた。

レセピは違うが、先生に教えて頂いたことを思い出しつつ丁寧に作った。

いつもこんなスープと美味しいバゲットがあれば

厳しい冬もどんなにか凌ぎやすいだろう。

丁寧に作られたものには豪華でなくても人を満足させる力が備わっている。

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村  ☆Could you click for me?☆

e0156038_12492214.jpg

by f_line21 | 2009-01-13 12:49 | キッチンから 

オムライス YOU!

e0156038_20525148.jpg


何度も前を通ったことのあるこの喫茶店が

VVV6で岡田君の選んだ店ベスト10に入っているのを知ったのは少し前の事。

黄色くて白いラインの入ったおしぼり、黒くつるっとした四角い灰皿

えんじ色のビロードの椅子、おまけに金魚の水槽まである!

確かにこんな店で、懐かしい思い描いた通りのナポリタンに出会うことがある。

今日のお目当てはオムライス。

フフン?美味しそうでしょ?

東銀座、歌舞伎座の並びだ。

来年とうとう歌舞伎座も建て替えられると聞いた。

私は熊谷陣屋が好きで、まわりのおばあさん達にならって

目頭をおさえるためのハンカチを、あらかじめ膝の上に用意して観たものだ。

きっと一番好きな街の変貌ぶりに

私だけが何も変わらなくて(年は取っていくが)

取り残されて行くような気のする木枯らしの吹く日(ハァ~・笑)

          YOU ホームページ

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村  ☆Could you click for me?☆

e0156038_2192244.jpg

by f_line21 | 2009-01-10 21:09 | 都内または近郊の店

江戸雑煮 再び

e0156038_2035321.jpg


新年明けましておめでとうございます。

東京下町と宮城県に縁があり、うちでは両方の雑煮で祝う。

写真は江戸雑煮。

海に近い土地なのだから、車海老でも入れば豪華なのだが

活魚が手に入りにくかった、鶏肉の入る山の手風と言えなくもない雑煮が伝わっている。

けれど海苔と蒲鉾も入るので

経済的でさりげない、これが東京近郊の一般的な雑煮なのかもしれない。

本当は小松菜を入れるが、良い状態のものが手に入らずほうれん草になった。

それにしても全国の雑煮の多彩なこと!

近頃良く耳にする「地産地消」がこれほどはっきり生きている食べ物もないのではないか。

そして更に各家庭で微妙に違うのだから楽しいことこの上なく

あちこち訪ねてご相伴に預かりたいと願うけれど・・・迷惑でしょうね(笑)

明けて早々、思うようでない盛り付けと写真だったので、今日また雑煮を作り直した。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村  ☆Could you click for me?☆
by f_line21 | 2009-01-06 11:21 | キッチンから 


調理師  フードコーディネーター


by f_line21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31