<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

’09 10月のクラスリポート Ⅱ

e0156038_9513952.jpg


10月のクッキングクラスのウェルカムドリンクとお菓子。

飲み物は、加賀棒茶のミルクティー。

鍋の中で、少しの湯で茶葉を蒸らし、ミルクを注ぎ暖める。

秋らしくて好き。

三日月のクッキーのグラスは、粉糖をレモンジュースで溶いたので(今日は柚子を使用)

甘くなりすぎるところを、酸味がうまくカバーしていると思う。

色はくちなし色素。

もう少し薄い色にしたかったけど、ぽ・・ぽ・・ぽたぽたぽたっといってしまった(笑)

先日は、恒例の合同バースディパーティーINディズニーランドだった。

その凄すぎる賑わいに、日本にどれだけハロウィンが定着したかを思い知る。

けれども、私は一向にピンとこなくて

日本の風物詩を追うほうがいいな~と思ってしまう。

e0156038_101828.jpg

by f_line21 | 2009-10-23 10:02 | キッチンから 

鍋とミートソース

e0156038_1412870.jpg


ミートソースを作る。

教室でお世話になっているお肉やさんに、電話で相談にのって貰い

使う部位を決めて、やる気満々で配達を待っていた。

届いた塊を見て、あまり良い肉なので惜しくなり、かなり大き目にカットした。

上々の出来・・・ダケド

手間も費用もかかりすぎて、お惣菜にはならないかな。

e0156038_14163166.jpg


ずっと前から欲しかったDANSKの鍋。

もう少し我慢しようと思って、月日は経った。

それなのにSmoothieさんのブログで見つけてしまったのだもの。

その場で購入。

けれど、今度はもったいなくて使えずに、眺めるだけではや一月。

だって、焦がして黒くなったら?

トマトで赤いしみがついちゃったらどうするのよーーー嗚呼!(笑)

だから、使い始めの今日は、別鍋で作ったソースを移しただけの、

なかなか疲れる人生なんですょ・・・ハァ。
by f_line21 | 2009-10-20 14:31 | キッチンから 

うさぎやのみつ豆、など中央線沿線散歩

e0156038_8243291.jpg


依然として、私のみつ豆界のチャンピオンは、阿佐ヶ谷 うさぎやのものだ。

なんとなく、みつ豆というのは手弱女(たおやめ)的存在。

あんみつや、豆かんなどに較べると、上品でおくゆかしい。

良く行くみはしなどでは、「あんず+クリーム+あんみつ」に限っている欲張りな私も

ここでは、あと30円出せばあんこも乗せますよ!

というサービスぶりにもかかわらずみつ豆にする。

名物のどらやきやうさぎ饅頭にさえ目もくれずに。

まず、何より寒天が良い。

辺や角を口中でしっかり認識できるくらいにかなり硬い。

硬い寒天の価値を、それまで私は知らなかったから

結構なカルチャーショックだった。

それから赤えんどうの塩加減がいい。

そうして、美しい紅白の求肥で薄化粧をほどこしたよう。

料理はバランス、とよく言うけれど

あんみつの類を食べるときほどそれを感じることはないかも知れない。

e0156038_8402476.jpg


前から行ってみたかった、高円寺 七つ森のCDラックには「中央線沿線ソング?」があった。

井の頭公園を散歩の後、パンケーキデイズへ。

e0156038_848494.jpg


パンケーキにおなじみの顔を書いただけなのに

どうしてこんなにときめいてしまうのか?(笑)

園児が持つような

店オリジナルの黄色いビニール製のエコバッグを買いたい衝動と戦う私は

すっかり十代の少女の気分なのだった。(かなりあつかましい。)

e0156038_8593624.jpg

by f_line21 | 2009-10-16 09:05 | 都内または近郊の店

’09 10月のクラスリポート Ⅰ

e0156038_16354693.jpg


10月のクッキングクラス。

雑草のようなのはアフリカンブルーバジル。

ハーブの試験に、再三、どの科に属する植物か?という問題が出てきたが

刺身のつまに使えるような穂をみれば、しそ科だということが一目瞭然だ、と

今頃気付くのは私ぐらいだろう。(香りが似ているのはさすがに知っていますよ・笑)

e0156038_16593369.jpg


山形牛で作った、香りをつけた肉のローストを

おなじみの甜麺醤のソースで食べる一皿。

ずっとチャイニーズパンケーキを添えていたが

こんなに良い肉を、何かに包んだらもったいないと思い、今回はやめた。

肉の部位は、たたきには最高だと言われている、シンタマの

更に芯で、シンシンと言うところ。

緑がどこにも入るように、胡瓜を斜め切りにしてから線にするのが嫌い。(笑)

ピーっと長さが揃っているのが好き!

普通、料理教室は、はしりか旬のものを紹介するが

今回は名残ぎみで、反省。

e0156038_16515041.jpg


買ったばかりの箸置き。

箸置きは比較的お値段が手ごろなので、衝動買いには向いている、と思う^^

淡いたまご色の皿は、

バーニーズニューヨーク新宿店の一階が、ほとんど器売り場だった頃に買ったもの。

今月は、Country - Keith Jarrett & Jan Garbarekをかけて、試食タイム。

しみじみ、秋です。
by f_line21 | 2009-10-11 17:16 | キッチンから 

ハーブに夢中

e0156038_1710439.jpge0156038_1711914.jpge0156038_1711328.jpg

「ハーブに夢中」って・・なぜ今さら?と思いますよね^^

ハーブが流行り始めた頃、もちろん私もできたばかりのハーブ園に出向き

料理やお菓子もいろいろ試しました。

けれど・・・今になってみれば、

私にとってはどれもオーバースパイス(ハーブ)だったのだろう、と振り返ります。

それで、ごく身近なもの

ミントやバジルの鉢をちょっと置いている程度の付き合いが続きました。

教室でお教えしている ヌーベルシノワは

西洋の食材を中華の技法で調理したり、伝統的な中華料理よりも油脂の使用を減らし

素材の持ち味を生かす日本料理やフランス料理の技法を取り入れたものです。

(Wikipediaより抜粋)

そして、時折スパイスやハーブも用います。

もっと詳しい方が良いに決まってる !

で、先日「ハーブ&スパイス検定」を受けたのをきっかけに

多種のハーブを育ててみることにした、という訳。

例えば左の写真は、アフリカンブルーバジル。

多年性で、越冬します。

今週の料理クラスで、白身魚と香味野菜を炒めたものにバジルをふりますが

葉が小さいので、ちぎらなくてすむのも都合が良い。

e0156038_17152697.jpg




こちらは、イタリア料理店で教えて頂いたハーブウォーターです。

水を飲んだあと、湯を入れてハーブティーにしても

出がらしにならないのがすごいなぁ・・・と。


それからF.line cookingからお知らせです。

ずっとずっと、したくても更新できずにいたHPをやっと更新することが出来ました。

秋らしく模様替えしてみたので、良かったらのぞいて下さいね。
by f_line21 | 2009-10-05 12:40 | キッチンから 


調理師  フードコーディネーター


by f_line21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28