<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

仙台「アルフィオーレ」の今

e0156038_20513350.jpg


ちょうどその時、ヨーグルトを器によそっていた。ぐらっと来たが、いつもの微震とやり過ごすつもりだった。

けれど、どんどん揺れは大きくなり、慌てて近くの机の下に潜って本や立て掛けた写真の落ちる音や

サイドボードの中の、器や瓶の倒れる音を聞いていた。

震度6弱、初めての体験。

怖かった・・・けれど、それから日を追うにつれ、それどころではない災害が、広い地域を襲ったことを知る。

東北関東大震災、2週間経った今もまだその全容は見えないままだ。

e0156038_20561190.jpg


たかがブログではある。

けれど、どう再開しようか?悩んでいた。東北地方は、親戚や友人が多くいる地だ。何か、メッセージを送りたい。

そして、考えているうちに、昨秋行った時に立ち寄った、飲食店の方達はどうしているだろう?と気になりだした。

e0156038_21564269.jpg


アルフィオーレ」情熱大陸でも紹介された、有名イタリアンレストラン。私は、カウンターに通された。

レストランで「何か嫌いなものはありますか?」と聞かれることはままある。

けれど、シェフは静かに「何か、これが食べたい!というものはありますか?」と言った。

恥ずかしながら、予備知識がなかったので、予算を告げて「お任せします。」と答えた。

それから、「もう、無理です・・。」というまで次々料理が運ばれた。大盤振る舞いだった。

だんだん打ち解けて、話もした。シャイだけど、料理が大好きで優しい人だということが伝わる、良い時間だったと思う。

e0156038_2243376.jpg


そして、その目黒シェフの3月13日のブログ

「明日からは、少しですが私にできることをしていくつもりです。今日、残ったものでカレーを作りました。

それを明日から提供させていただこうと思います。私の至らなさと財政面の事で、とても恥ずかしいのですが、

300円~400円で提供させていただきます。」大衆食堂宣言だった。

25日には、念願だった避難所への炊き出しも実現した。

e0156038_2253679.jpg


仙台市内に住む従姉妹の子供達は、県職員として被災地で働いている。そして、近所の斎場には、昨日もご遺体が100体待つという。

80になる叔母は、住み慣れた半倒壊の家を出て、借家住まいを決めた。

いわき市の友人は、非難した高台から、家が、親族が波にさらわれるのを見たという。

そして、原発からの放射能の影響で、ゴーストタウン化する町で何か出来ることはないか?探しながらさまよっている。

家族が重病に倒れたとき、残りの家族は元気に働かねばなるまい。苦しみを、本当にわかることは出来ない。

それでも寄り添う気持ちで、出来ることを長いスパンで探したい。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村  Thank you for your click☆



e0156038_21213451.jpg


e0156038_2124332.jpg

by f_line21 | 2011-03-26 21:34 | 旅先から 東北地方


調理師  フードコーディネーター


by f_line21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31