またしてもBubby's♪

e0156038_1020359.jpg


「ついでだから・・・」を言い訳に何度このアップルパイを食べただろう。

ご近所だったら通い詰めるところだった。店まで少し距離があって良かったと言うべきでしょう。

「甘過ぎる」とか「りんごの形状が残っている方が好き」とかいろいろと意見はあるが、私は聞く耳を持ちません(笑)

これはこれでパーフェクト!

この日は湯河原へ発つのでBubby'sで待ち合わせ。

初めてアイスクリームも添えてもらった。

温かなパイにアイスクリームの組み合わせは大好きなのだけれど

まさにりんごを美味しく仕上げるための薄いこのパイには要らなかった気がする。


「日本アカデミー賞」の存在はどうでも良いのだが、松田龍平君が受賞したのはうれしい! 

まほろ駅前多田便利軒」以来、一番好きな俳優さん。

あの「えへらえへら」は誰にも真似出来ない気がする。素顔も魅力的。
# by f_line21 | 2014-03-08 09:49 | 都内または近郊の店

ジビエ!

e0156038_10581696.jpg


2月某日。

予約の取り辛いパスタ教室「イル・ソーレ」のキッチン・・・とは言え、

家庭のキッチンでジビエを調理するという希少なパーティーにお招き頂きいそいそと出掛けた。

シェフは、翼君。今や大切な友人でもあるパスタ教室主宰者Yちゃんの、イタリアの料理学校時代のクラスメート。

この若さで、既にイタリアの一流店で3年の修行経験がある。

魔法の様にスムーズに料理が仕上がって行った。

お得意だという国産米のリゾットは見事なアルデンテ、ポーチドエッグの前菜は春の色合い。

焼いた鴨はぶよぶよとした脂肪とは無縁で、適度な噛み応えでとても美味しい。

野生的な肉の付け合せや、口直しのサラダにも細やかな心配りが感じられた。

e0156038_11181987.jpg


私が着く前、お二人はベランダで鴨の毛をむしったそうな。

私のカメラのために、わざわざ首を取っておいて下さったのに、何の勘違いか!?(笑)いい年をして女の子ぶり、こわいこわいと見ないでしまった。

終始和やかな雰囲気の中、美味しいものをたらふく頂きご機嫌で帰路についたが

「毛をむしらざるもの食うべからず」であったと今更ながら反省している。


その鴨の下ごしらえの様子は、Yちゃんのブログ「Reginella Campagnola ~村の娘~」でどうぞ。
# by f_line21 | 2014-03-05 11:34 | その他

冬の鎌倉 2014

相変わらず、鎌倉へ行っている。

話題の店をのぞいたり、名物もぼちぼち食べてみている。

何かのお集まりで「良い日本料理店を知らない?」と聞かれると一番返答に困ってしまう。

きっと3千円~5千円位のご予算かなぁと思う。

私なら、臭い鮟鱇の肝や筋だらけの鮪のとろは要らないから

美味しいおだしの丁寧なお惣菜を出してもらえたら嬉しいけれど、

やっぱり普通はご馳走を期待するお値段だと思うので、店側にもご苦労がおありだろう。

今の所「風情ある店で熱いお蕎麦でもすするのはいかが?」と答えることにしている。

e0156038_1374288.jpg


お干菓子は「天神さま」紅い粒は梅の酸味がある。

鳩サブレの豊島屋の季節限定品。

松花堂の「あがり羊羹」は、水羊羹のようでういろうのようで・・・好きな食感。


ご挨拶もしないまま、1月も半ばを過ぎました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

e0156038_11552397.jpg

# by f_line21 | 2014-01-21 13:19 | 鎌倉


調理師  フードコーディネーター


by f_line21

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30